Twitter つぶやき

2011年06月10日

【月刊ナントカ6月号】イラスト:すりガラス風の水玉フィルタをかけるとえっちく見えると聞いたので。 の話

▼月刊ナントカ(仮)
http://yohanabe.web.fc2.com/

▼pixiv 板
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=19522175


◆ひよ子饅頭

テーマがミスティなら、やっぱりひよ子饅頭は定番かな……と。

地元の福岡ですが、まだでっかいサイズのひよ子や桜ひよ子は食べたことがありません……。

◆すりガラス風水玉フィルタ

去年ちょこっと流行った、裸じゃないのに裸に見える水玉穴あきフィルタが、さらに進化しているのを発見。
すりガラス風にすると凄くエロくなるという。

じゃあ、やってみよう。
……と思ったけど、簡単にできるツールとかサイトとかは無いようで、自己流でそれっぽく加工してみました。

やってみて、エロく見せるのはなかなか難しいとわかった。

◆グラデーションメッシュ

今回、ひよ子を描くのに使ったのはIllustrator。

これまでIllustratorで描いたときは、塗りは主に線形グラデーションでごまかしていたので、丸っこいものを描くのは無理でした。

でも今回は、色塗りに初めてグラデーションメッシュを採用。
悪くない感じになったんじゃないかと思います。

◆背景は相変わらず

手抜きに見えないようにするには、どうすればいいんだろう……?
posted by neneco at 06:47 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2011年05月10日

【月刊ナントカ5月号】イラスト:姫リグル - 抱き枕 表面風 の話

▼月刊ナントカ(仮)
http://yohanabe.web.fc2.com/

▼pixiv 高画質板
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=18797639

◆姫リグル

5月号のお題は「リグル」でした。
それを見た瞬間、頭の中で「これは姫リグルを描かなければ!」いう妖精の声が!
描く内容は速攻で決まったのでした。

◆抱き枕風

姫リグルに決めてポーズをいろいろ考えていたところ、また頭の中で声が。
「姫リグルならえっちくないとね!」
えっちな内容で健全イラストということで、抱き枕の表面風('▽')

◆服のデザイン

あまり深くは考えずに、ひらひらとした感じの服。
花と蝶を意識したつもりです。
でも、他のひとが描いた姫リグルを見てみると、もっとわかりやすく蟲をイメージした服やアクセサリーを着けていることが多く、もう少し工夫をした方がよかったかも。

服が違い過ぎて、触覚がなければ誰かわからないというのは、描いている間ずっと思ってました(´Д`;)ヾ

◆ふともも

最近はふとももが隠れている服を描くことが多くて、久々に思いっきりふとももを描けました!

◆そのほか

瞳は、相変わらず描き方が安定しない……。
練習して慣れるしかないわけですが。

胸元の影はほんとに難しいと、つくづく思いました。
タグ:東方project
posted by neneco at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2011年04月10日

【月刊ナントカ4月号】イラスト:春氷精-サクラチルノ の話

▼月刊ナントカ(仮)
http://yohanabe.web.fc2.com/

▼pixiv 低圧縮版
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=18074780

◆桜色チルノ

急に春っぽいチルノが描きたくなりました。

春といえば桜。
桜色でやわらかい感じのチルノにしてみました。

◆久々のSAI

ずっとIllustratorだったので、本当に久しぶり。

Illustratorは滑らかな線を描くのが簡単。
複雑な線や強弱のある線はSAIの方が楽。

感覚的に塗れるのはSAIの方。
今回はやわらかい感じを出したかったので、SAIで描くことにしました。

◆眼の描き方

描き方がなかなか安定しない……。
今回は、Pixivで「目イキング」タグが付いているものを参考に描いてみました。

◆苦手な足もと

髪とか手とかうまく描けないところはたくさんあるけど、いま最大の課題は足首〜靴。
どうしてもうまく描けない。
だいぶ“コッペパン”からはマシになったと思うけど、やっぱり形がおかしい。
普段、足下とか観察しないからなぁ……。

◆背景は描けなかった

できれば、桜の木を後ろに置きたかったけど、技術的にも時間的にも無理でした……。
チルノ描き終えた時点で、月刊ナントカ締切りの30分前でしたし。
そもそも、桜の木なんてどう描いたらいいのか。

ひとまず、空色と桜色でグラデーション入れてみたけど、白背景のほうがすっきりしてよかったかもしれない。
ちなみに、この背景グラデはIllustratorです。

----

これまでIllustratorのソフト機能頼りで描いていたので、少しずつSAIの比重を増やしていきたい。
その前に、まずは手描きで絵を描けるようにならないといけないわけですが……(´Д`;)ヾ
タグ:東方project
posted by neneco at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2011年01月09日

【月刊ナントカ1月号】イラスト:和服アリス の話

▼月刊ナントカ(仮)
http://yohanabe.web.fc2.com/

▼pixiv 低圧縮版
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=15796360

◆今回のネタ

正月用のイラストなので、和服にすることにしました。
東方キャラで振袖が一番似合いそうなキャラ――と、考えた時に真っ先に浮かんだのがアリス。
和装なのに、西洋美人キャラ。
でもまぁ、私がイメージするアリスは大和撫子っぽい感じなので。

◆今回は普通の描き方

墨絵風はだいぶ遊んだので、今回は普通の描き方に戻しました。
やっぱり正月は色つきの方が華やかでいいですし。
でも、久しぶりなので、すっかり描き方を忘れていました。
特に瞳は、墨絵風ではあまり描き込まなかったので、どう描いたらいいのかまるでわからなくなっていました……orz

◆初アリス

アリスの絵を描くのは、実は初めてだったりします。
個人的に、アリスは東方キャラの中でもトップクラスの美人キャラだと思っているので、うまく描ける気がしなくて。
でも、ふとイメージが浮かんだので、今回描いてみました。

◆初和服

アリスも初めてですが、和服を描くのも初めてです。
Googleで和服や振袖の写真を探したり、両儀式のイラストを参考にしたりしながら、想像だけで描いてます。
資料って重要だとつくづく思いました。

◆和服でもブーツ

ここは譲れないポイント(*'-')b
アリスといえば頭のリボンと足下のブーツ。

……はじめは、なんとかケープも絡めようとしたけど、どうにもうまくできなくて断念。

◆人形たち

月刊ナントカの締切りに間に合いませんでしたorz
和服シャンハイに破魔矢持たせたかった……。

◆締切りぎりぎりの投稿

いつもは3日が投稿の締切りだけど、今回は8日が締切り。
5日も余裕がある上に、年末年始は仕事が休み。
それなのに、投稿はぎりぎり。

こんなに時間に余裕がなくなったのにはそれなりに理由があって――

黒髪バージョンを作ってみたり
アリス(黒髪)

全画面(1920x1200)サイズの顔拡大画像を作ってみたり
アリス(全画面)

していたからだったりします(´Д`;)ヾ
正月イラストのつもりだったのに、元旦から1週間以上も過ぎてしまいましたし……。
タグ:東方project
posted by neneco at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年12月11日

【月刊ナントカ12月号】イラスト:ぬえちゃんの背中のあれは触手だと思う の話

▼月刊ナントカ(仮)
http://yohanabe.web.fc2.com/

▼pixiv 低圧縮版
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=15105903

◆墨絵風ぬえちゃん

今回も引き続き、墨絵風で投稿。
秋姉妹を描いたところで、ぬえちゃんの背中のあれに墨絵風の描き方が合いそうに思えた。勢いよく線を引くとかっこよさそう。
そんなわけで、12月号は冬だとかクリスマスだとか、お題の「年末の過ごし方」だとかをすっかり無視して、ぬえちゃんメインのえっちなイラスト。

ちなみに、星蓮船はEasyもクリアしてなくて、Exを選ぶことすらできません……。
ぬえちゃんに会う以前の問題。
白蓮の弾幕が難しすぎる……。


◆ぬえちゃんの背中のあれ

ぬえちゃんのキャラ絵を見たとき、背中のあれはもう間違いなく「触手」だと思ったわけで。
でも、世間一般では「変わった形の羽」という解釈のようで。
だけど、触手派としてはやっぱり触手にしか見えないわけで。

ところが、ぬえモノで触手を有効活用した絵や同人誌は、意外なほどに少ない。
R-18でも触手攻めしてるぬえちゃんなんてごくわずか。
原作のキャライメージでは、寂しがり屋だったり実は素直なところがあったり、どことなく受けキャラっぽい感じがするからかもしれない。

でもやっぱり、イタズラ好きで触手攻めしているぬえちゃんというのはいいと思うのです。
触手派として、触手の理解と普及のためにも、もっと触手をアピールしなくては!
なんてことは考えていませんでしたが、触手攻めぬえちゃんが見たかったので、妄想のままに。
少しばかりえっちな方向に行ってるだけで、これはちょっとしたイタズラなので、陵辱色のないソフト路線。
村紗の両腕を絡め取っている逆棘触手を、もっとエロくできればよかったなぁ。


◆受けキャラ選び

ぬえちゃんに襲われるキャラは、村紗にしようか小傘にしようか迷ったので、Twitterでpost。
すると、返信はぬえ×むらばかり。ぬえ×こが希望がぜんぜんない。
これで襲われるキャラは、村紗に決定。
それにしても、そんなに村紗に偏るとは思わなかった。


◆村紗?

帽子なし。
服は半脱ぎ。
錨も柄杓も持っていない。
「村紗」と書いてないと誰だかわかりません……。

髪を短めに描こうと思っていたら、月刊ナントカ投稿版では髪のボリュームが少なくなり過ぎた。
そこで、pixiv版では髪型を変えて、少し長くしてみてます。


◆ふともも

公式ふとももキャラのぬえちゃんですが、レイアウトの都合というか村紗のえっちな部分を隠す都合で、ふとももが鎌触手に隠れてよく見えない。
それじゃあということで、村紗に脱いでもらってふともも露出。
村紗のスカートあるいはハーフパンツの上から手を入れて下から鎌触手の先っぽを入れる――というレイアウトも、見えないエロさ的にいいかもとと思ったけれど、やっぱりふとももが描きたかったのです!


◆全年齢向けとR-18の境界

いったいどのくらいからがR-18なんだろう……?
個人的には、このくらいならオッケーな気がする。見えてないし。


◆墨絵風 or カラーイラスト

墨絵風だと表現しづらいもの(粘液とか)もあるし、ふつうのカラーイラストで描くことも考えていました。
線画も途中までは、どちらでも描けるような両対応。
でもやっぱり、はじめの予定通りに墨絵風に。

線画状態のものも残しているけど、すでに墨絵風にするためにちょっと加工してしまった後。
ふつうに線画を塗るスキルがあれば問題ないわけですが、それがないのでした。


◆強制終了連打

今回、作業中にIllustratorの強制終了が多発……orz
ファイルをPhotoshopのPSD形式画像に保存する時も、たびたびメモリ不足が発生。
墨絵風はメモリを大量に使うのかもしれない。
posted by neneco at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年10月05日

静姉

静姉
【大きなサイズはpixivで】

秋なので、静葉姉さんの絵を描いてみた。

月刊ナントカ(仮)」10月号用に描いたもの。
誌面発行はまだだけど、10月号にはSSも投稿してるので、イラストの方は先行公開。

はじめは、姉妹そろって描くつもりだったけど、仕事が忙しくて描き始めたのが10月2日。月刊ナントカの〆切が10月3日。仕方なく、静葉姉さんだけ。
穣子もそのうち描こう。

今回も、ほぼすべてIllustrator。背景の色調整に少しだけPhotoshop。
イラレ用の墨絵風ブラシを見つけたので、それを使って描いてみた。
秋らしく和風に。

難しかったのは瞳の部分。
普段はグラデーションやレイヤーの合成を多用しまくって描いているので、墨絵風にするにはどうすればいいやら。
なんとなくそれっぽくしてみたけど、別の描き方もできたかもしれない。

顔のラインは、柔らかい感じがうまく出せて気に入ってるところ。


描いたときは、後ろ髪も描いていました。
ネ実東方スレに乗せたのは全部含んだレイアウトのもの。

静姉(ネ実東方アップレイアウト)

その後、月刊ナントカの原稿サイズに合わせて後ろ側をカット。
並べてみて、幅をカットした月刊ナントカ版の方が紅葉の位置が好みだったので、そっちを最終版にしました。
posted by neneco at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年10月04日

「水夏」より ひまわりの咲く場所で - Web合同誌「月刊ナントカ(仮)」9月号

なんだかどたばたと忙しくしていて、「月刊ナントカ(仮)」9月号に投稿したイラストのことを今頃になって掲載。

ひまわりの咲く場所で
【大きなサイズはpixivで】

元ネタは、エロゲ「水夏」(CIRCUS)の、第2章のイベントイラストから。
CV.鳥居花音のヒロインキャラ、白河さやかがひまわりを見上げているシーン。

水夏の中ではまだ印象が残っているシーンだけど、もう9年くらい前の作品なので、詳細を覚えていない。
さやかが左右どっち向きだったかも忘れていたほど。
そこで、参考資料として公式ビジュアルファンブックを本棚の奥から発掘。

ひまわりの花は太陽の方向を向くというイメージがあるけど、このひまわりは花の後ろから光が当たっている。
実際には、周りが開けていれば東〜南を向くらしい。
でも、水夏の元イラストが花の後ろに光源があったので、そのまま。
たぶん、さやかの顔に影をかけないためじゃないかなぁ、と思う。

幽香の表情が、なにか含みのあるような感じなのも、原作に合わせたもの。
特に何か考えて描いたわけじゃないです。

それにしても、東方の妖怪の中では身長が高いイメージがある幽香より、さらに頭一つ分ほど高いひまわり。かなりでかいな。


今回大変だったのは、横向きのひまわりの花と幽香の服。

ひまわりの花は、正面からならともかく、横からだとかなり構造が複雑。
そもそも、これまでひまわりの花を横からじっくり見たことなんてない。
なんとかひまわりに見えるようにするのがやっと。茎や葉のパーツは力尽きた。

幽香の服は――
チェック模様の服って、どういう風に線が流れるんだっけ……?
というレベル。
そもそも、布地は四角で作られて、チェック模様は直交するはずで、それを身体に合わせて巻き付けると……??
……で、構造としてだいぶおかしいけど、雰囲気で(´Д`;)ヾ


今回のイラストは、ふとももなし。
胸のサイズはDカップくらいをイメージ。少し身体をそらしているつもりだけど、わかりにくくなってしまった。


この絵からPCの環境が大幅にパワーアップ。
CPU i7-870 (2.93GHz) + MEM 8GB + 64bit版 Windows 7 という環境。
Illustratorそのものは32bitアプリだけど、64bit Windows上では32bitアプリも使用できるデータ用メモリが大きく増える。
マシンパワーも上がって、処理待ちストレスがかなり減った。
posted by neneco at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年08月17日

これは寒すぎるよチルノちゃん… - Web合同誌「月刊ナントカ(仮)」8月号

月刊ナントカ(仮)」8月号に投稿した、チルノちゃんと大ちゃんのイラスト。

これは寒すぎるよチルノちゃん…
【大きなサイズはpixivで】

暑い日が続くので、チルノちゃんが涼しくなる方法を考えてくれました。
でも、大ちゃんにはちょっと寒すぎたようです。

----

氷で作った板の上で昼寝をするチルノちゃんと、せっかく涼しくなる方法を考えてくれたので付き合うものの寒すぎて困り顔の大ちゃん。
特集のお題だった「夏」に合わせて、ちょっと涼しい感じの絵にしてみました。

福岡では連日35度以上の日が続いて暑かったので、チルノちゃんの服を普段よりさらに薄着にデザイン。
袖無しワンピースで、ミニスカ並みに短いすそ。
スカートについてる白三角模様を逆向きにしたのは、切れ込む感じがなんかえっちそうだったからw
ちなみに、着ているのはこれ1枚のみで、下には何も着けてないという設定('▽')

腋をもう少しえちぃ感じしたかったけど、難しい……。
一方、ふとももは露出度高くして、えちぃ感じにがんばってみました。
力入れすぎて、上半身に対して脚がちょっと長くなってしまいましたが……(´Д`;)ヾ
もう少し、おしりからふとももにかけてのラインをえっちくできるといいかもしれない。

大ちゃんには困った笑顔がよく似合う。
でも、縮小表示ではわかりにくくなってしまったかも。
描いたことがない角度の顔だったので、すごく難しかった。

おっぱいの大きさは――
チルノちゃんは、「ないんだけどある」。
大ちゃんは、「あるんだけどない」。


今回は、レイヤー数もファイルサイズもこれまでより大幅に増加。
PCのメモリ不足で、データの出力ができなかったり、出力した画像が破損していたりする事態が発生。
さらに処理性能不足で、保存時と出力時は冷却ファンが高速回転したままWindowsが固まるありさま。
試行錯誤してなんとかJPEGにできたものの、毎回これではさすがに困る。
ということで、予定ではあと1年くらい引っ張るつもりだったPCを、新しいものに買い換えました
これでだいぶ楽になると思う。

posted by neneco at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年08月05日

6ボスポーズのチルノさん - Web合同誌「月刊ナントカ(仮)」7月号

7月の前半は残業連打休日出勤で忙しく、
中盤は、FF11で黒魔・白魔・からくり士のレベルを80まで上げていて、
終盤は月刊ナントカ8月号用の絵を描いていたので、すっかりブログの更新が止まってました。
久々の更新。

pixivとかにはすでに載せているけど、こっちには載せていなかった、「月刊ナントカ(仮)」7月号に投稿したイラスト。

6ボスポーズのチルノさん
【大きなサイズはpixivで】

「さんを付けろよ白黒やろーっ!」って、チルノちゃんが言ってた。

----

元は、ネ実東方スレ 197の安価絵として描き始めたもの。
さくっと描くつもりだったけど、描きだしたらちょっと凝ったものになってしまった。

ふと「さんを付けろよ白黒やろーっ!」という台詞が浮かんでしまったので、かっこいいチルノちゃんを描くことにした。
それなら「6ボスかEX化」→「6ボスっぽいとすぐに分かるポーズ」=「神奈子様ポーズ」ということで、こんな感じに。
セリフの元ネタは「AKIRA」。
ちなみに、2chのネ実東方スレでは、チルノを呼び捨てにすると「ちゃんをつけろよ、デコ助野郎!」と突っ込まれる風習がありますw


チルノちゃんなら、御柱は氷柱かな――と、思って描き始めたのはいいけど、思っていたより大変でした……。
Photoshopのようなソフトなら、大枠描いて、内部を区切って塗るだけでいいはずだけど、
Illustratorで描いたので、グラデーションをかけた四角形や三角形を、隙間なくちまちまと並べる作業。ちょっと変更したら、他の部分まで影響が出たり。

そして、氷柱と台座でイラストないのオブジェクトが急増した影響で、処理がだいぶ重くなってしまいました(´Д`;)ヾ


掲げた右手に集まる光は、適当にエフェクトをいじっていたらそれっぽい感じになったので、そのまま採用。
氷塊をもっと巨大で迫力あるものにしたかったけど、氷柱御柱で力尽きました……。


この回のイラストは、チルノちゃんのおっぱいサイズが「無いんだけどある」という丁度良い大きさにできたのが、良かったところ。
posted by neneco at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年06月14日

こんなに雨が降っているから - Web合同誌「月刊ナントカ(仮)」6月号

こんなに雨が降っているから 【大きなサイズはpixivにあります】


「どいてレミリア。動けないわ」
「ふふふ……い、や、よ」
 霊夢は空になった湯飲みを横に置いた。



「こんなに雨が降っているから、今日は帰れそうにないわ」
「来たんだから、帰れるんじゃないの?」
 外を見やれば土砂降りの雨。



「帰らせたいのかしら?」
「別に」
 これはいつもの、そういう勝負。



「ねえ、霊夢。こんなに雨が降っているのに―?」
「―楽しい夜になりそうね」
 そして霊夢は諦めたようなふりをして、苦笑を浮かべるのだった。



----

無料Web合同誌「月刊ナントカ(仮) 6月号」に投稿したイラストです。
今回はストーリー付き。

霊夢の頭リボンのフリルは、目立ちすぎたので消してしまいました。
レミリアの帽子は、会話の内容に合わない気がしたので描きませんでした。
レミリアの羽は、描くのを忘れました……orz


今回もIllustratorを使って、線なし影なしグラデ多用な描き方。
手早く描けて良いけど、そろそろ技術的・PC性能的に行き詰まりが出てきた。

きれいに描くなら細かいところまで線を引かないといけないけど、それには技術がまるで足りない。

PC性能の方は、前回の「闇姫」でもちょっときついとは思っていたけど、キャラが増えて前後関係の複雑さが増した今回は、フリーズしたように固まることが何度かあったヽ(;´Д`)ノ

そもそも、手描きだと全く絵を描けないというのが何よりも問題orz
posted by neneco at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年05月17日

日曜日の萃香 - ネ実東方アンカ絵

▼ネ実民が東.方Projectでドロワ談義 196回目

692 名前:既にその名前は使われています[sage] 投稿日:2010/05/13(木) 20:01:21 ID:NEO8dhre
たぶん土日に描く >>694

694 名前:既にその名前は使われています[sage] 投稿日:2010/05/13(木) 20:04:07 ID:ko1uhNZo
萃香ちゃん!

――ということで、日曜日に萃香描きました。

萃香
(50%縮小版 * 大きなサイズはpixivで

使ったソフトは、久々にSAI。Illustratorにしようかと思ったけど、たまには。
かかった時間は5時間ほど。
絵を描くときはMMDでモデルを作ることが多いけど、今回はタブレット手描きで下書き描いた。

萃香を描くのは初めて。
服をどうしようか考えていたら、脳内に「はだシャツ」という言葉が浮かんだ。思いついた以上は描かないといけないw

前の日に酒を飲んでそのまま寝てしまったような感じをイメージ。
上をワイシャツ風にしたので、スカートは普通のミニスカートにしてみた。裸足はうまく描けないので、スカートでごまかしヽ(´ー`)ノ
▲と■と●はぬいぐるみっぽい感じで。
ぱんつはいていません。白と黄色の縞にしようかと思ったけど、はいてない方がいい気がしたのでw
身体のバランスが、いまいちおかしい気がする。モデルを作らないとこんなもん。


で、本来描くつもりだった、「月刊ナントカ6月号」の絵は、全くできていないのでした。
posted by neneco at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年05月11日

闇姫 - Web合同誌「月刊ナントカ(仮)」5月号

闇に繋がれた闇姫ルーミア。

闇姫

無料Web同人誌「月刊ナントカ(仮) 5月号」に投稿したイラスト。

ちょっとお姉さんっぽい美人さんなルーミア。
今回も、EXリリーに続いて、Illustratorを使ってのイラスト。
Illustratorは、使い出すとかなり楽。CS5も買う予定。
SAIとIllustratorでは、描ける絵のタイプが全然違うから、併用していくことになるけど。

線なし影なしの描き方は、前回のEXリリーと同じ。今回は、グラデーション少なめ。使う色もなるべく少なく。
髪の御札と目を強調する感じに。

吊り下げられているようなイメージで描いたつもりだけど、浮いてるように見える。でも、修正の仕方がわからない。
斜めの顔はうまく描けなくて、閉じてる右目がちょっとツリ目気味になってしまった。
スカートのスリットが大きくて、かなり上まで来てしまってるけど、フトモモのためには仕方がない。

縮小する前の大きなサイズ(2220×3106)は、pixivにあります。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=10569739


瞳を描いてる最中、拡大して作業していたら、顔の部分をアップにしたものも悪くないような気がしたので、拡大出力の後切り抜きして壁紙にしてみた。

闇姫(壁紙)

サイズは1920x1200。拡大しても画質が変わらないのは、Illustratorの便利なところ。
そのうち、小悪魔の壁紙も作ってみたいなぁ。
posted by neneco at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年04月11日

EXリリーホワイト

「へぇ……私の行く手をふさぐというの?」

EXリリーホワイト

Web公開合同誌「月刊ナントカ4月号」に投稿したイラスト。
ホワイトさんのEXモードです。
おっぱい大きめにしたけど、あんまり分からないね!

いままでとは違う描き方をしてみた。
これまでイラストはほとんどSAIを使っていたけど、これは全部Illustrator。
(メーテルーミアのイラストより、描いた時期はこっちの方が先)

線画を消して影をつけずに、塗りとグラデーションだけ。
グラデーションを多用した影響で、フルカラーを表示できないモニターだと、トーンジャンプで塗りがガタガタになってしまう。ノートPCの液晶で表示すると、きれいに出ないかもしれない。
あおり気味の構図にしたつもりだけど、今ひとつわかりにくくなった気がする。
透明感のある羽は、結構気に入ってるところ。
スカートが変わった形してるのは、サイハイソックスでフトモモを見せたかったからですw
posted by neneco at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) |

ふと思いついたルーミア絵

私はルーミア…

ヤマトとか999とか見たあとに、ふと「これはもしかして合うんじゃないか?」と思いついてしまったw
参考にしたのは、さよなら銀河鉄道999。
星空の描写は難しい。

使ったソフトはIllustrator CS4。
だいぶ引きたいように線が引けるようになってきた感じ。
もうすぐCS5が出るけど、予算がないのでバージョンアップはしない予定。

それにしても、ヤマトや999は、いまでも十分おもしろい名作だな−。
posted by neneco at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年03月10日

冬の終わり - レティさん

「また、会えるよね?」

卒業(レティさん)

「東方妖々夢」から、レティさん。
……誰テメ絵とかいわないでヽ(´ー`)ノ

レティさんは美人キャラ。そして、古風な学生服が似合うような気がする。

サークル「世は並べて事も無し」主催のオンライン合同誌「月刊ナントカ(仮)」の、3月号(3月10日公開)に投稿したイラスト。
特集テーマは「グッバイレティ」。
3月号はイラスト投稿するつもりは無かったけど、締め切り1週間前になって、突然イメージが浮かんだ。
そこから大急ぎで描きあげた。

描き上げた日に短期公開していたけど、いろいろ気になるところがあったので、ちょこっと修正。

描いた後くらいから、急に寒くなったような気がするのは、きっと気のせい(´Д`;)ヾ

なんでもいいので感想ください_(._.)_
posted by neneco at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年02月14日

バレンタインデー

絵を描き始めてから1周年。
バレンタインイラストなんてものを描くようになりました!

チョコ雛ちゃん

「チョコをリボンで飾りつけ」という発想で、こんな感じになりました(*'-')b

画像が大きすぎるということで、縮小版に変更。
オリジナルサイズの画像は、こちら→【2220x3106】


月刊ナントカ(仮)」2月号に投稿した絵だけど、収録版は再圧縮がかかってノイズが入ってしまった。
なので、投稿した原稿サイズそのままで低圧縮率のものを。

フリルを描くのにかなり時間がかかった。身体に巻いてるリボンのフリルは、一度全部描きなおしたしヽ(´ー`)ノ
瞳や表情は、自分にしてはよくできたんじゃないかなーと思う。
posted by neneco at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年01月01日

謹賀新年二〇一〇

あけましておめでとうございます。

ネ実東方スレで !omikuji!dama したら、「ぴょん吉」でした。

915 名前: 【ぴょん吉】 【352円】 [] 投稿日:2010/01/01(金) 07:39:02 ID:2U1QuQyd
おはようチルノちゃん小傘ちゃん
大吉だったらだいちゃん描く


ということで、新年絵はけろちゃんで。

鏡もちけろちゃん
posted by neneco at 09:45 | Comment(2) | TrackBack(0) |

大晦日アンカ絵

大晦日にネ実東方スレで、初アンカイラスト。
アンカ先は「すわさま」。

描いた絵。

諏訪子

今回やってみたこと。
・線を太くして、強弱を強調。筆ペンで描いたような感じにしてみたかった。
・塗りを全部エアブラシ。ブラシの濃度で陰影をつけてみる。

エアブラシ塗りは、そのまま塗るとはみ出すので、最初にパーツごとに分けて、全部白で塗り。白塗りしたレイヤーの上に、クリッピングしたレイヤーを作って、エアブラシで塗った。
顔のあたりとかは、結構考えていた通りにできたと思う。
でも、身体のバランスがイマイチだった感じ。
posted by neneco at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2009年12月30日

ぱちゅりーさん FF3魔人コス

今年は12月30日まで仕事。
待ち時間の多い作業。
しかも、行き詰ってる感がある。

ということで、待ち時間の間に絵を描いてみたりなんかしたりしてw

魔人ぱちゅりーさん

パチュリーさんの、DS版FF3の魔人コス。
タブレットなんて会社に置いてないので、マウスで描いた。下書きなしの一発描き。
SAIのペン入れレイヤーは、マウスだけでもそこそこかけるのが面白い。
posted by neneco at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2009年11月29日

こぁキス - ネトラジ第52回 僕○投稿内容

ネットラジオ「ラジオグッドナイト」(まとめwiki)。
第52回目のお題は「僕のかいたこぁーず」。
「こぁーず」シリーズは、サークル「世は並べて事も無し」の、東方同人作品。それぞれのキャラは、この辺を参照。

お題を聞いてすぐに思い浮かんだのが、こぁデュオ(ショートカット)と、こぁネオ(ロングヘア)のキスシーン。
双子姉妹(双子じゃないけど)のキスシーンとか定番じゃないですか。
デュオはなんとなく総受けっぽい印象があるのと、ネオはもっと目立ってもいいと思ったので、ネオ攻め・デュオ受けの構図に。

描いたキスシーンに、セリフを追加して、投稿したイラストがこれ。

こぁーず ネオ×デュオ 投稿イラスト

今回の反省点。
・髪のラインが綺麗じゃない。あちこちガタガタしてる。
・影のつけ方が良くわからない。いちおう、左上手前に光源があることを意識したけど、無視してるところもかなり多い。
・ハイライトも良くわからない。というか、今回は髪の加工部分以外はハイライト入れてない。
・ネオ(左)の髪の影が変。
・ネオ(左)の襟に影付け忘れ。
・セリフを入れたことで、かえってごちゃごちゃしてしまった気がする。もう少し、キャラの周りにスペースが必要。
・なんか、キャラが子供っぽくなった気がする……。
・元キャラの絵を参考に色を決めたけど、若干薄くなったかもしれない。

ちなみに、両方とも背中に羽がないのは、もともとの「こぁーず」シリーズで、羽は出し入れ自由な設定だから。
羽まで描く余裕がなかったともいう。


使ったソフトは、SAIとIllustrator CS4。
キャライラストはSAI。フキダシがIllustrator。
最初は、下書きだけSAIを使って、あとは全部Illustratorを使うつもりだった。
でも、時間にあまり余裕がなかったので、キャラは使い慣れたSAIで全部描いてしまうことにした。

まずはざっくりとラフ。

こぁーず ネオ×デュオ ラフ

手の位置とか決めて、だいたいの感じで。
なんか、もうこの時点ですでに子供っぽい。なんでだろう? デュオとネオはだいたい18歳前後くらいのつもりでいるのに。

「ネオ(左)から強引にキスをした」という設定なので、ネオの手の位置はデュオ(右)の肩で確定。
デュオの手の位置は、かなり悩んだ。ネオの胸に当てる感じで少し抵抗してる感じを出すか、下にさげてされるがままな感じにするか。
最終的に、“実はあんまり嫌じゃない”っぽい感じに、ネオの腰に当てることにした。

ちなみに、元キャラ設定では、デュオとネオの身長は同じ。ネオの方が若干頭が高いのは、その方が、なんか強引にキスしたような感じになる気がしたからw
いちおう、イラスト設定としては、身体を引いてしまったデュオに対して、ネオは若干背伸びをしてくちびるを奪いに行った――という感じで。

今回は、パーツの重なりが難しいので、パーツごとに独立したレイヤーにパスを引いて、オブジェクトを重ね合わせる描き方をした。
Illustratorでやるような描き方。
多少は省略するとはいえ、見えないところも線を引くので時間はかかる。
けど、修正する時は簡単。上のレイヤーを変更しても、下のパーツは修正しなくていい。
ということで、描いた線画はこんな感じ。

こぁーず ネオ×デュオ パス

デュオ(右)の方が頭が大きかったなー。描いてる時は気づかなかった。
デュオが着ている司書服の襟の形に苦戦した。横から見た時にどう見えるのかがよくわからない。

実際には、パーツをある程度描いたら色塗り、という描き方をしてる。線画だけ先に描くということはしてない。

全部のパーツに色が付くと、キャライラスト完成。

こぁーず ネオ×デュオ 大きいサイズ

忘れていた、ネオの襟の影も追加した完成版です(縮小前のでっかいサイズ)。

これを50%縮小で出力して、Illustratorでフキダシとかを追加。
でも、改めて見ると、やっぱりフキダシなしの方が、すっきりしていて良かったなぁ。失敗。


ちなみに、私は何も見なかったら、キャラは正面直立でしか描けませんヽ(´ー`)ノ
直立姿勢以外のポーズを描こうとすると、参考になるものが必要。
そこで、ニコ動でおなじみのMikuMikuDance(VPVPで配布)を使って、キャラの構図を作ってます。

今回の絵を描く前に作ったのが、これ。

MMDでポーズ作成

ミクとテトなのは好みですw 髪形ぜんぜん違うけど。
似た髪形だと、ルカとリンなんだろうけど、身長違うし。
MMDは、タブレットだとまともに操作できないのが難点だけど、絵の構図を考える時には便利。体勢が破綻しないし。


ひとまず、これがいまの私の全力全開。
初期の頃に描いた絵に比べればだいぶマシだけど、「作品」として表に出すには、まだまだ問題多すぎ。
いまのところ、最大の課題は影とハイライト。
あと、もう少しラインの細かい絵も描けるようになりたい。
posted by neneco at 12:35 | Comment(3) | TrackBack(0) |