Twitter つぶやき

2007年08月06日

Kanon DVD 5〜8

積んだままだった、京アニ版Kanon DVD 5〜8巻を見終わり。
5巻:舞,佐祐理エンド
6巻:栞クライマックス
7巻:名雪イベント,あゆクライマックス
8巻:名雪イベント,栞エンド,あゆエンド

細かい部分はあいまいでも、どのシナリオも大体のところはまだ忘れていない。
だからストーリーの先の展開はわかっていたわけだけど、それでもやっぱり感動。
物語がラストに向けて大きく動く7巻は、深刻な場面が続いて感動シーンは少なかったけど、5,6,8巻は必ずどこかで涙腺崩壊。

京アニ版「Kanon」は、原作のイメージをそのままアニメ化した作品。
すでに完成された原作があるのなら、最高の位置にあるのは原作。しかも、「Kanon」は特に強いイメージを持っている。
“あの時あれほど感動した”と強く記憶に残る「Kanon」のイメージを壊すことなくそのままに、かつての感動とともに再現したこの作品は、やっぱりすごいと思う。

以下細かいところ。

キャラクターの私服のデザインが豊富なのは、やっぱり見ていて楽しい。
制服やミニスカートのあゆはなんか新鮮。
名雪は私服だと大人っぽく見える。
私服がよく変わるのはただのファンサービスだと思っていたけど、栞では私服に絡めたセリフもあった。
重要なシーンでは、原作通りの服。

6巻の学食シーンで、Keyのマスコットキャラのキィちゃん発見。
さらにONEのみさき先輩と七瀬っぽいキャラも。

7〜8巻。名雪が放置されすぎ……。
真琴,舞,栞は、祐一との絡みで物語が進行するのに、名雪シナリオのクライマックスシーンでは祐一はほとんどそばにいない。香と北川が近くにいたとはいえ、名雪は自力で復活する。
7巻途中から、あゆメインの展開でシーンが同時進行しているから仕方ないのかもしれないけど……。名雪自身が直接“奇跡”に関わるわけじゃないし。
でも、なんとなく名雪の扱いが軽いようで、少し残念。

最後は、原作にはなかったあゆが目を覚ますまでの間が、丁寧に描かれていた。
原作では省略されていて唐突な展開だったけど、アニメ版の方が自然な印象。

8巻では、三次元的なカメラワークが多用されている。
キャラクターを中心に置いて回り込むような画面の動きは、アニメでは難しいと思うけど、全く違和感がないのはさすが京アニ。

普段DVDを見るときは、圧縮ノイズとかはあまり気にしない方だけど、漆黒の空に吹雪が舞うシーンではノイズが気になってしまった。
やはり細かいものが大量に動く場面は、DVDには厳しいかもしれない。「Air」のようにBDで出して欲しいところ。
posted by neneco at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4935680
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Kanon アニメ版
Excerpt: 分類DVD / アニメメーカー・ブランドポニーキャニオンKey/VisualArt's/百花屋(TBS ポニーキャニオン ムービック 京都アニメーション)製品リンクBS-i Kanon 公式ページKa..
Weblog: 気まぐれなレビュー (PukiWiki/TrackBack 0.3)
Tracked: 2008-02-03 21:39