Twitter つぶやき

2010年10月29日

「星をうつした水面から」 - 星×水蜜のほのぼのSS の話

※ネタバレは自重しません。本文を読んでいない方はご注意ください。

▼pixiv 小説投稿版
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=86215

▼フリガナ付き縦書き小説サイズPDF版
「星をうつした水面から」 星水SS文庫サイズ

  ◆
  ◇
  ◆
  ◇
  ◆


◆話の発端

何かを作るときは、紅〜永キャラ、特に紅魔郷キャラに偏りがちな私ですが、今回は星蓮船。

きっかけは、Twitterで「星が水蜜と呼ぶのがいい」という星水な話が出たこと。
話が出てから書きあがるまで、1週間以上かかってしまいましたが……。

◆タイトル

「星をうつした水面から」。
特になにか考えがあって付けたわけではなかったりしますw
星と水を入れて、主導権持ってるのは水蜜の方、という感じに。


◆船の大きさ

本文では、かなり大きなサイズになってます。
操舵室があったり、発進の手順が大げさだったり。
イメージしているのはクルーザーサイズ以上。

でも、公式ではあまり大きくはないはずの船。
星蓮船体験版の村紗絵では手漕ぎ船サイズ。
船幽霊の怪談や昔話でも、出てくる船は手漕ぎ漁船だったと思います。

一方、公式の内容で、ベントラー(飛宝)を詰め込める大きさのスペースがあったり、「中に入る」という表現があったり、主人公達はしばらく探索するまで村紗の存在に気づかなかったり……と、結構大きさがあるように思えるところもある。
船内で弾幕勝負していたり、後に寺になっていたりするし。

考えた結果、このSSでは「大きな船」を選択。
理由は、その方が何となくかっこいいからw
水密と星が再会する場面で、甲板が広い方がいいということもありました。


◆船の発進手順

ヤマト発進のシーンを参考に。
だいぶ変わってますが(´Д`;)ヾ 補助エンジンも砲雷撃戦もないし。


◆取るものも取り敢えず

ああ、大事な宝塔が置きっぱなしに……。


◆地の文の水蜜の名前

前半では「村紗」なのに、後半は「水蜜」。
途中でキャラ名の表記を変えるのは良くない。
でも、後半は星視点が多いので変えてしまいました。


◆ぬえ

再会してそのままハッピーエンドでもいいかなーと思っていたのですが、ストーリーをメモっているときに、ふとノートの端に

「横取りぬえちゃん」

と書いてしまったことで、あんな展開になってしまいましたw

原作とはキャラが違うかもしれないけど気にしない。
ぬえが妙蓮寺組とはじめから知り合いだったかは確定してないようだけど気にしない。
ちなみに、EXはクリアしてませんヽ(´ー`)ノ

ぬえの「置いていかれたかなって思ったけど、間に合ったみたいでよかったー」のセリフは、「船に」と「水蜜争奪戦に」の両方。水蜜と星の間を邪魔する気満々w


◆小説(A6)サイズ版PDF

同人誌サイズ(B5)だとモニタで表示するには文字が小さくて見づらいようだったので、文庫サイズにしてみました。
しかも、普通のラノベよりも一行文字数や行数を減らしているので、かなり文字が大きい。
posted by neneco at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41524624
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック