Twitter つぶやき

2010年04月25日

カミツレ「おしかけ!アントルメ」体験版をやってみた

新ブランド「カミツレ」のデビュー作「おしかけ!アントルメ」。

開幕から好感度MAXのヒロインが押しかけてきて主人公を取り合って組んずほぐれつ――
という、実にわかりやすい、シンプルにエロ重視のエロゲ。

会話のテンポが良くて、けっこう楽しい。日常シーンに笑えるところも多くて飽きない印象。
ヒロインのおっぱいサイズが巨D・貧B・巨Eと大きい方に振れているのが少し残念。
個人的には、E以上のサイズのキャラはサブ扱いの消化試合ですヽ(´ー`)ノ
しかし、和心はDというには大きく、麗音はBというには小さいような気がする……。

声優はあんまり気にしないので、キャライメージと声が合っていればいい。
その点、アントルメはキャラと声がよく合ってると思う。
和心は、典型的なエロゲ幼なじみキャラだし。
定番とか王道とかは大好きです。

絵で気になったのは、立ち絵と一枚絵でキャラの印象が変わるような気がするところ。
見ていて「こんなビジュアルだったっけ?」と思うことがあった。
あとは、和心の部屋着は、どう見ても部屋着のデザインじゃないだろう……とか。
制服の構造、特に胸元はいったいどうなってるのか……とか。

ヒロインキャラは全員髪を結んでるけど、これをほどくことはあるんだろうか……?
髪を結んでるキャラは、ほどいたところもあるべきだと思います。私の趣味的に。

体験版にあったえちシーンは2つ。和心が1つで、和心+麗音が1つ。
「ピー」音が声優の声だったのはフイタw
差分が大変だからだろうけど、それぞれのシーンの絵は前のシーンを引き継がない。前のシーンでかかっていても、シーンが変わると消える。
水音が少し大げさすぎるかなー、というのが気になった。


ここからが、個人的には本題。
本業がシステム屋なので、システムの作りは、体験版にどんなシーンが収録されているかということよりも気になる。
作った人がどのくらいユーザビリティに気を遣っているかで、作品に対する力の入れ方が分かるというもの。

「おしかけ!アントルメ」は、ほぼキーボードのみの操作が可能。
ただし、コンフィグ画面のスライダーだけは、キーボードで操作できない。音量やオート表示のスピードなど。
他の項目はキーボードのみで操作できるので、残念なところ。

体験版にはマニュアルとかはなかったようだけど、キーボードの操作内容は↓のようになっていた。製品版では、これにSAVE/LOADが付くと思う。

【R】バックログ。ESCキーで戻る。
【A】オートモード切替え。テキスト表示中にオートモードを切り替えると、表示が中断されて次のテキストが表示されるのは残念。
【S】スキップモード切替え。スキップモードが「既読のみ」の場合、次の未読までスキップ。Sキー押しっぱなしだと、Enter連打と同じように、未読もメッセージ送りされる。
【Z】Enterと同じ。
【X】ESCと同じ。
【V】ボイス再生。
【Enter】メッセージ送り。決定。
【ESC】メニュー表示。キャンセル。
【Space】メッセージウィンド非表示。
【Ctrl】強制スキップ。未読もスキップする。
【F1】クイックセーブ
【F2】クイックロード
【F10】画面表示一時停止?
【F12】最小化。

ジョイパッドにも対応していたけど、入力できるのはEnterとESCのみ。

セーブデータには、過去ログの内容は持たない。
ロードすると、セーブしたところより前のログは消える。

前回終了時の位置を記憶しない。
起動時は必ず画面中央に表示される。

フルスクリーン表示の挙動が少し怪しい。
表示の切り替えは、画面の解像度変更(拡大表示じゃない)。
フルスクリーンからウィンドウ表示に切替えると、一部のアプリケーションの画面位置が変わる。
この手のソフトでは、他アプリは左上(Windowsの基準座標)に寄ることが多いけど、「アントルメ」ではなぜか右下方向に寄る。
というか、そもそもフル−ウィンドウ表示切り替えをしても、他アプリの表示位置が変わらないようにできるはずだし、最近はそういう作品の方が多いハズ。
あと、フル−ウィンドウ表示を切り替えると、マウスボタンの状態がおかしくなる。一部の機能が、ボタンを押しっぱなしと認識する様子。

画面エフェクトが、Enterキーで飛ばすことができない。
コンフィグでエフェクトOFFにできるようだけど、エフェクトが消えるだけで、ブラックアウトは残る。このブラックアウトも飛ばせない。
また、エフェクトOFFでは、毎日のはじめに表示される日付表示を消すことはできない。
おかげで、シーン切り替わりのテンポが悪くなっているように感じる。
特に、日付表示は結構長くて、だんだん鬱陶しくなってきてしまう。
いちおう、エフェクトはEnterでは飛ばせないけど、Ctrlキーでスキップすることはできる。

ウィルス対策ソフトのKasperskyが、キーロガーとして検出するのは、まぁよくあること。
たぶん漢字変換の制御をやる限りは、どうしても出てしまうんだろうなぁ。

そして、このシステムの最大の問題点。

バックグラウンドでは完全に止まってしまう。

(追記)製品版では、バックグラウンド動作は実装予定だそうです! それなら良いなー('▽')

BGMやセリフだけでなく、オートモードも止まる。
前面に表示してウィンドウがアクティブになっていないと、いっさいゲームを進めることができない。

これはつまり、FF11と同時進行ができないということ。

FF11で移動中やビシージ、カンパニエの最中に、横に表示してオートで進める――ということができない。
これはかなり致命的。
この1点が引っかかって、予約には踏み切れないでいる。


あと、どうでもいい細かいところ。
「戦いの幕が切って下ろされる」
正しくは「戦いの幕が切って落とされる」
下ろしたら終わっちゃう。
posted by neneco at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・体験版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37363829
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック