Twitter つぶやき

2009年11月26日

第51回「ラジオグッドナイト」 僕○投稿内容

ネットラジオ「ラジオグッドナイト」(まとめwiki)。

オリジナルキャラ投稿コーナー「僕の考えた○○」。
第51回のお題は「僕の考えた紅魔館に入って三日目の新人門番隊員」。

このコーナー、インパクトが弱いキャラ設定だと、トランスフォーマーや特撮のネタにされたりギャグ化されたりで、まったく評価されない。
特撮・アニメモノから路線が東方に戻って以降の3回では、ギャグ化されたのが1回、TFネタに流れたのが1回と、あまり戦績は良くない。というか、はっきりいって悪い。

打開策、というわけでもないけど、今回は初めて4コマとか描いてみた。
描いてみて、何でもできるソフトはないということがわかったヽ(´ー`)ノ

SAIは、キャライラストは描きやすいけど、コマ割りやテキストは書けない。
Illustratorは、コマ割り、フキダシ、セリフの入力は簡単だけど、SAIで描いたキャラ絵の加工ができない。
Photoshopは、どれもそこそこ出来るけど、フキダシ描くのは難しいし、SAIのペン入れレイヤーをうまく扱えない。
結局、SAIでキャライラスト描いて、仮出力したpsdを元にIllustratorでフキダシやセリフを描いて、Illustratorからpsd出力したセリフデータをSAIに取り込む、という描き方をした。
SAIでペン入れレイヤーに頼り過ぎないようにすれば、いいのかもしれないけど、すでにペン入れレイヤーなしだとまともに描けないorz

肝心の結果は、ギャグ化されなかっただけマシということで。

キャラ設定より、咲夜×美鈴展開に力が入ったw
数年後の展開で何か書きたいなぁ。

↓今回の投稿

【名前】:美輪(メイチュエン)
【身長】:113cm
【おっぱい】:えっ!?
【肩書】:門番隊のマスコットガール
【種族】:(未設定:人間換算で8歳くらい)
【住居】:紅魔館
【髪】:肩くらいまでのショート。右側を小さく束ねている。
【目】:ツリ眼気味の金色。
【服装】:美鈴のお古を仕立て直したもの。
ときどき、門番隊やメイド隊の人に、いろんな服を着せられたりしている。
【性格】:一人称「わたし」。相手のことは、たいてい名前を呼び捨て。美鈴のことは「美鈴ママ」。
人懐っこい。一人でいるのは苦手で、いつも人の後ろを付いて歩いている。美鈴がいる時は美鈴の後ろ。
誰にでも付いていくわけではなく、子供なりに誰についていくかは考えている。
【能力】:将来はまだわからない、可能性は無限大程度の能力。
【その他補足】
妖怪の子供。何の妖怪かはわからない。
あまりにお腹が空いていたので、人間をつまみ食い(食料的な意味で)しようとしたら、相手が霊夢で返り討ちにあった。
ボロボロで行き倒れていた所を、買い物帰りの美鈴にひろわれた。
放り出すわけにも行かず、美鈴が引き取る形で紅魔館門番隊所属に。

戦闘能力はほとんどない。
門番隊の鍛錬には正式には加わっていないが、美鈴のまねごとのようなことをしている。

両親不明でほとんど一人だったので、名前を呼ばれたことがなく、自分の名前を知らない。
ひろわれた時に着ていた服の内側に、「美輪」と書かれた紙があった。
それを美鈴が中国語読みしてしまい、「メイチュエン」で定着。
本当の名前は、日本語読みの「みわ」。苗字はわからないまま。

嫌いな食べ物はキノコ全般。刻んで形がわからないものなら食べる。
好きな食べ物は肉。一番好きなのは、美鈴が作る肉まん。

“美鈴が子育てしてる”と聞いて、大慌てしたのは咲夜さん。
「美鈴っ! その子はいったいどういういこと!?」
「ああ、咲夜さん。実はですね、」
「まさか、まさか隠し子がいたなんて……っ!」
「え? いやいやそうじゃなくてですね、咲夜さん、落ち着いて――」
「ぅう〜……お姉ちゃんのバカーっ!!」
「あー……、咲夜さんにお姉ちゃんと呼ばれるのも久しぶりですねぇ……」
(咲夜さんは、昔は美鈴を「美鈴お姉ちゃん」と呼んでいた――という設定の咲夜×美鈴モノが好きですw)

美鈴と咲夜の仲を引っかき回すのは、わかっててやってる風でもある。


▼イラスト

第51回 僕○投稿
第51回 僕○投稿 2

いつも1024x1024で描いて50%縮小してるけど、文字がつぶれて読み難くなるのは考えてなかったヽ(´ー`)ノ
ハイライトとか影は完全に無視。
posted by neneco at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33870762
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック