Twitter つぶやき

2009年09月09日

第32回「テームズ河の水底」 僕○投稿内容

ネットラジオ「テームズ河の水底」(まとめwiki)。

オリジナルキャラ投稿コーナー「僕の考えた○○」。
第32回のお題は「僕の考えた理想のライバルヒロイン」。
東方とはまったく関係のない、魔法少女アニメ編。

あんまり複雑に考えずに、シンプルな変身魔法少女にした。
「敵側の魔法少女が実は親友」というパターンで。

↓今回の投稿

▼設定
* 通常時
【名前】:藤宮 四葉(ふじみや よつは)
【身長】:146cm
【おっぱい】:81B
【種族】:人間
【肩書】:ヒロインのクラスメイト
【住居】:住宅街の一軒家
【髪型・髪色】:黒のストレートロング
【目】:気が弱そうな黒のたれ目
【服装】:学園の制服。普段着はおとなしいものが多く、たいていはロングスカート。
【性格】:一人称は「私」。ヒロインの事は「〜ちゃん」。
引っ込み思案で人見知りが激しい。学園ではヒロインと一緒にいて、いつも後ろに隠れるようにして過ごしている。人の輪の中に入るのが苦手。
【能力】:家事全般をこなす程度の能力。
料理がうまく、最近は弁当作りに凝っている。
衣服のシミ抜きが得意。
【その他補足】
ヒロインの親友。
学園では目立たない娘。いつもヒロインの後ろにいるので「ヒロインのおまけ」のように思われている。
実は、たいていの事は平均以上にこなす万能選手。でも、後ろ向きな性格のせいで、ほとんど評価されていない。

積極的で快活なヒロインに憧れていて、「(ヒロイン)のようになりたい」「(ヒロイン)みたいな、なんでもできる力が欲しい」と思っている。しかし、すぐに「私じゃ無理だ」と考えてしまう。
性格を変えたいと思いながらも、ヒロインに守られるのは嬉しいと思っている。
最近、百合モノのマンガを読んで影響を受けてしまい、ヒロインとそういう関係になることに憧れてしまっていたりする。

* 変身時
【髪型・髪色】:明るい赤紫に変化
【目】:赤く染まる
【服装】:露出度高め
【性格】:“吹っ切れてしまった”性格になっていて、ブレーキが利かない。無茶なことも平気でやる。やりすぎてしまうこともしばしば。
【能力】:魔法を使う程度の能力
【その他補足】
「力が欲しい」という思いをヒロインの敵につけこまれて、魔法少女化した四葉。魔法少女状態のヒロインの前には、敵として現れる。
「(ヒロイン)の力を手に入れたい」という衝動に駆られて戦いを挑む。その衝動は敵方によって植えつけられたもの。
「心と身体も手に入れたい」とも思っているが、こちらは本人の願望。
無理やり魔法少女化されたので、変身のコントロールがうまくできていない。魔力が切れると元に戻る。
振り切れ気味だが「積極的な性格」になっているので、四葉は「変わりたいと思っていた姿」と思っている。そのため、魔法少女になることをやめられない。
ヒロインに本気で怒られるとヘコむ。

----

キャラ名は、お嬢様まではいかないけど、生活に苦労のない豊かな家庭のおとなしい女の子風に。
「いつか、届く、あの空に。」の、桜守姫みどのをイメージ。“魔法少女アニメ風”ということで、みどのほど黒くない。


▼イラスト

第32回 僕○投稿

変身前と変身後の2キャラ分描いたので、かなり時間がかかってしまった。いちおう、変身後は変身前をコピーして描いたけど、それでも。

髪を描くのが苦手なので、試行錯誤。前髪はどう描いたらいいやら。

線をきれいに閉じずに書いたので、バケツツールで塗らずにエアブラシで塗った。
細かいところを塗るのが大変で、かえって手間と時間がかかってしまった。

右の脇下からふとももまではスリットが入っていて編み上げ。つまり、横ちちからふとももまで地肌が見えてる。
というつもりだったけど、縮小したらあんまり分からなくなってしまった。失敗。
posted by neneco at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32014592
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック