Twitter つぶやき

2009年07月15日

第16回「テームズ河の水底」 僕○投稿内容

ネットラジオ「テームズ河の水底」(まとめwiki)。

オリジナルキャラ投稿コーナー「僕の考えた○○」。
第16回のお題は「僕の考えた幻想郷のブティック」。

今回は普通に考えました。
金髪キャラが増えてきて、金髪好きだと思われてしまったようだけど、決してそんなことはないです。嫌いじゃないけど、栗色っぽい髪の方が好み。あるいは烏の濡れ羽色。
でも、ツインテールやサイドポニーだと、金髪になりやすいという自覚はある。

いまひとつ、コレというアピールポイントのないキャラ担った感じがする。
いろいろ裏設定を考えはしたけど、「それは“ブティックキャラ”に必要なのか?」と考えて、大半を削り落とした。僕○が“キャラクターを描くのではなく、ビジュアル要素を重視”という方針だからというのが理由。
しかし、それで肉付けが薄くなってしまったのは失敗。

↓今回の投稿

▼設定

【名前】:綾織 琳音(あやおり りんね)
【身長】:146cm
【おっぱい】:76B
【種族】:人間
【肩書】:暴走気味の弾幕服デザイナー
【住居】:人間の里
【髪型・髪色】:金髪ロングで、両サイドにリボン。
【目】:強気のつり目
【服装】:丈が短いブラウス+3枚布の巻きスカート。構造上パンツが見えやすいが、見えてもいいものをはくことで対応。
過剰なまでのリボンが付いている。
自分でデザインした服。周囲からはもっのすごく浮いている。
【性格】:底抜けに明るく、にぎやか。
寸法を測るとき、やたらと身体に触りたがる。おっぱいはメジャーを使わずに手で揉んで測る。でも、おっぱいよりお腹のぷにぷに感の方が好き。
普段は表に出さないが、かなりの寂しがりや。すぐに人に抱きつく。
【能力】:抱きついた相手の身体のサイズを的確に把握する程度の能力
【その他補足】
弾幕勝負用の服をメインに作るデザイナー。自宅の一部を改造して小さな店を開いている。店名は「アヤオリ」。店員は琳音ひとりだけ。

デザインする服は、軽くて動きを邪魔しない。そのかわり、布地が少ない。そして、かなり派手。これには、着用者を周りにアピールする目的もある。
弾幕勝負用なので、女性用のみ。
露出度が高いことは、「女の子は肌を見せてこそ。見せられる年齢のうちは積極的に見せるべき」と考えている。
リボンが多いのも特徴。このリボンは、羽衣のような特殊素材。作り方は企業秘密。すごく軽く、風や魔力の流れに反応する性質がある。使いこなせば弾の当たり判定がわかる。

弾幕勝負用の服としては一定の評価を得ているが、普段着として使えるデザインではないので、売れ行きは良くない。主な収入源は、被弾で傷んだ服の修復。
贅沢はできないが、食べるには困らない程度の生活はできている。

霊夢の巫女服は普段着としても違和感なく使えるため、作った霖之助(東方香霖堂より)に、ひそかに憧れている。

普段は明るく振舞っているが、いつも“自分の居場所”に不安を感じている。
派手な服を好むのは、「自分が“ここにいる”ことを周囲に知ってもらいたい」という思いが根底にある。

普段は一人暮らしだが、ものすごく寂しがりや。少し仲が良くなると、すぐに自分の家に泊めようとする。そして、一緒の布団で、抱きついて寝ようとする。人肌が好き。
ただし、女の子限定。
独りで寝るときは、布団を身体に巻きつけて、いもむしのようになって寝る。

----

綾織というのは布の織り方。琳音は、麻の綾織物のリンネル(リネン)から。
キャラのイメージから、できれば名前に漢字は使いたくなかった。でも、「りんね」だと「輪廻」とか他の意味に曲解される可能性があったので、やむなく漢字に。「鈴音」だと、まだイメージに近いけど、すでに「鈴音(すずね)」というキャラを投稿していたので、硬い漢字になってしまった。

以下、削った設定。
・幼い頃に両親を亡くしている。それが、寂しがり屋の原因。
・人目がないところでは、すごく暗い。
・人前で上がるということはない。むしろ、人の目がないと駄目なタイプ。
・下着や裸を見られることはあまり気にしない。露出狂というわけではないので、服とセットで見られる方が好き。見えやすい服を着ている自覚はあるし、「見られても減るもんじゃない」とは思ってる。
・気に入った女の子の服は、気合いを入れて露出度の高いデザインにする。
・弾幕勝負用以外の服も作るが、やっぱり露出度が高くて派手。
・うどんげの浴衣を作ったときは、右わきから下まで大きく開いていて、それをリボン状の帯で押さえるというデザインだった。横乳や横尻が丸見えで、下着を付ける方が恥ずかしいレベルの露出度。
・寝るときはパンツだけで、寝間着は着ない。誰かを泊めて一緒に寝るときも同じ。

▼イラスト
第16回 僕○投稿

リボン過剰で、普段着としては疑問を感じるレベルの派手さと露出度を出したかった……けど、そんな服をデザインするだけのセンスがありませんでしたorz
考えていたよりも、ずっとおとなしいデザインになった。

スカートは、右前,左前,後ろを布で覆ってるデザイン。布は重ねているだけで、筒状に縫っているわけではないので、腰のあたりまでめくれる。

ヘソ出しにするかどうかで、ぎりぎりまで悩んだ。
でも、「リボン過剰」と「ヘソ出し」は、共存が難しいと感じたので、この長さになった。
posted by neneco at 23:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
おーかわいいデザインですね(・∀・)b

服飾デザイナーらしくメジャーとか定規とかはさみのイメージとかアクセも盛り込んでみるといいかも!

和風でいうと針とか糸車とかなのかなw
Posted by 苛 at 2009年07月16日 20:00
>苛 さん
ありがとうございますー
アクセサリの発想はなかったなぁ。次は何か考えてみよう。
Posted by neneco at 2009年07月19日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30569422
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック