Twitter つぶやき

2009年07月12日

いまごろ「狼と香辛料 DVD 6巻」を見終わった

もうすぐIIのDVDも発売だというので、放置していた「狼と香辛料 DVD 6巻」を見終わり。
放置していた理由は、5巻終了時点で後半駆け足になるように感じたから。
とはいえ、いつまでも放置しておくわけにもいかないので見ることにした。

2話分の長さに原作の一番の盛り上がりを突っ込むので、やっぱり駆け足気味。
原作を読んでなかったらわかりづらい表現もところどころに。

なにより、ロレンスが全く活躍せずに、ほとんど状況に流されるだけで終わったのは、どうかと思う。

リュビンハイゲンに戻ったロレンスとホロが、レメリオと交渉するシーンはかなり省略されていた。
ホロはその場におらず、一人で酒場へ。原作でロレンスが活躍する数少ないシーンなのに、あっさりと終了。
もしかすると、狼状態のホロの身体のサイズを大きく描きすぎて、商館内に入ることに違和感が出たからかも知れない。もともと原作でも、ホロの狼の時のサイズは不明だし。

ラストで、ホロが「名前を呼んでみろ」と言うのを、くしゃみではなく鐘の音でごまかすのは、うまい変更だと思った。
そこから続く、ラブコメ風の展開も、1巻から続くストーリーの締めとしては良かったと思う。

しかし、DVD1〜3巻でも感じたことだけど、展開が駆け足気味なのが残念。
posted by neneco at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30492797
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック