Twitter つぶやき

2009年06月30日

第13回「テームズ河の水底」 僕○投稿内容

ネットラジオ「テームズ河の水底」(まとめwiki)。

オリジナルキャラ投稿コーナー「僕の考えた○○」。
第13回のお題は「僕の考えた霊夢の次の博麗の巫女」。

大苦戦。ここ最近の僕○では一番苦戦した。
一度キャラを作ったけど、自分の中の“XX年後の幻想郷”のイメージと合わず、取りやめ。
以前書いたSSをもとに、改めて作り直し。
でも、時間がなくて急いで詰め込んだせいで、方向性がブレまくり。設定の整理も不十分で、わかりにくい内容になってしまった。
今回は絵なし。
追加設定が長くなってしまったので、3072バイトにした。

↓今回の投稿

▼設定

【名前】:博麗 言璃(はくれい ことり)
【身長】:148cm
【おっぱい】:76B
【種族】:人間
【肩書】:博麗神社の巫女
【住居】:博麗神社
【髪型・髪色】:黒髪のセミロングを霊夢と同じ髪型にしている。
【目】:金色でつり目
【服装】:博麗巫女服。普段は首に直接リボンを巻いている。リボンは能力を封じるお札。
【性格】:一人称は「わたし」。真面目でしっかり者だが、少々頑固。
普段は丁寧な態度を装っているが、感情的になりやすい。
人付き合いは苦手。里の人の前ではそっけない態度をとる。
【能力】:主に言霊を操る程度の能力
【その他補足】
霊夢の養女。

妖怪のような瞳が不吉だと、産まれてすぐ父によって神社に捨てられた。
霊夢に拾われたが、人間の子は人里で育てた方がいいと慧音に預けられる。

物心がついた頃、慧音から両親の事を聞き、ショックで能力が発現。慧音の「歴史を食べる程度の能力」を限定的ながら再現する。
その強い力が里にも言璃にも危険だと感じた慧音は、言璃を霊夢に引き渡した。
言璃はこのことを、慧音にも捨てられたと思ってしまう。のちに霊夢と慧音から事情の説明はあったが、慧音とは和解できていない。

里を追い出されたと感じている言璃は、人間に対して少々冷淡。それを気にした霊夢は、“守る立場になれば変わるかもしれない”と、巫女になることを薦めた。能力は十分で、程なく巫女を継ぐ。
積極的に異変解決しているが、人間に対する態度はあまり変化がない。

神社で妖怪に接することが多かったため、妖怪には甘いところがあった。しかし、代替わり直後に霊夢の命を狙った妖怪の襲撃があり、それ以来、妖怪への攻撃は躊躇なく徹底的なものになっている。

能力が意図せず発動することがあるため、普段は霊夢が作ったお札を首に巻いて力を封じている。
戦闘時には外す。言璃を知る人には、このお札を外すだけで脅しになる。

霊夢のことは「母さん」と呼んでいる。家事はほとんど言璃がこなしていて、生活態度がだらしない霊夢に、たびたび小言を言っている。
神社に来るまで誰かに甘えたことがなかったので、霊夢と二人の時は子供っぽくなることがある。何かと理由をつけて、夜は霊夢と一緒に寝たがる。

■言霊のスペルカード
スペル名が持つ“意味”を元に弾幕を発動。他人の弾幕も再現・模倣できる。心を読むさとりと違い、スペル名を元にしているので、オリジナルとは全く違う形で発動することもある。

スペル名の意味がわかりやすいものは、再現度が高い。
独特のセンスでスペル名を付けるレミリア・咲夜・早苗などのスペルは再現度が低い。弾幕として発動しないこともある。
弾幕をオリジナルに近づけるには、そのスペルの意味や本質を深く理解しなければならない。

▽スペルの一部

・言霊「夢想封印」
攻撃力はほとんどない。ホーミング性能も低い。しかし、着弾点の魔法的な力を消去する性質がある。

・言霊「マスタースパーク」
威力・射程ともにオリジナルに大きく劣るが、再現度は高い。手軽に使える中威力の魔法になっている。

・言霊「火水木金土符・賢者の石」
オリジナルの符名を付けないと発動しない。魔力の塊が1つだけ出現。属性を切り替えて弾を撃つ。弾幕密度は大幅に下がっているが、コントロールはしやすい。

・言霊「五穀豊穣ライスシャワー」
発動しても一見何も起きない。何度か使うと、裏庭で栽培している作物の収穫が良くなる。

・言霊「幻想郷伝説」
再現度が高く、オリジナルとほとんど変わらない。言璃が使うスペルの中では最も高威力。
オリジナルの使用者は、言璃が嫌っているはずの慧音。それを指摘されると、言璃は烈火のごとく怒る。

----

能力周りの設定は後付け。練りこみが不十分で、統一感がないものになってしまった。
キャラ名は能力に絡めてつけた。元キャラの方は、霊夢の養女とも血縁とも決めてない。

▼SS

第13回 僕○投稿 SS

以前書いたSSの手直し版。今回作ったキャラのSSではなくて、霊夢メインのSS。
一部の表現を変更。ラストの締めが弱かった部分を修正。
posted by neneco at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30193397
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック