Twitter つぶやき

2008年06月15日

さくらシュトラッセ - マリー

かなり放置気味だった「さくらシュトラッセ」の、マリールートをクリア。
マリーが、かなり疲れる性格かも……。

序盤〜中盤がちょっとだれ気味。
似たような展開で行ったりきたり。結ばれてからも一進一退。
マリーは開始時点からフラグが立ってるような雰囲気でいるのに、なかなか進展がない展開にちょっと飽きが来てしまう。
告白の時のドタバタというかグダグダというかなイベントは、アクセントとして悪くなかったけど。

終盤に入って、突然舞台がマリーの故郷に変わるのはどうかと思った。
何より、せっかくこれまで協力してやってきたかもめ亭のメンバーが、まったく登場しなくなるのが残念。

魔女の村での展開は、短い中でこれまでの総まとめといった感じ。
マリーとのすれ違いと衝突をまた繰り返して、晴美の料理にかける思いを見直して、最後に大暴れ。
オチもきれいに付いてすっきりとまとまった。

店に転がり込んだヒロインを雇いいれ、一緒に仕事をしていくうちに親密になり、親族に連れ戻されたヒロインを取り戻すために相手のところに乗り込む――という展開は、「ショコラ」の美里シナリオに似ているような気がする。
結構熱い展開で主人公が突き進む「ショコラ」と比べると、こっちは衝突とすれ違いを繰り返しながらゆっくりした進み方。
まとまりは良かったけど、ちょっと物足りない。
やっぱり、最後まで仲間と一緒に突き進んだ「ショコラ」と比べると、終盤でかもめ亭が置き去りになってしまうのが残念で仕方がない。


エチシーンは、ふーりんの声がエロい。
けど思いっきりスキップしました。
1, 2回目はともかく、エピローグに入る3回目のはやたらと長いし。

というか、FF11でマトンの射撃スキル上げしながらかっ飛ばしてた。
ちなみに、射撃スキルは15からサポレベル最大の114になった。
posted by neneco at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー:エロゲ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16046948
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック