Twitter つぶやき

2008年04月03日

さくらシュトラッセ インストールでトラブル

おまけが少し残っているけど「FORTUNE ARTERIAL」が終わったので、次は「さくらシュトラッセ」を始めることにした。
ところが、インストールがうまくいかない。
異様に時間がかかる。
インストールを開始して1時間くらい放置していても、進行状況のバーが1/4も進まない。

「さくらシュトラッセ」のインストールDVDはコピープロテクト付き。採用プロテクトはAlpha-ROM DVD 3.1d。
「FORTUNE ARTERIAL」も同じプロテクトで、こっちは問題なくインストールできたので、読み込めないことはないハズ。


いろいろ試した結果、インストール先ドライブの設定が影響していることが判明。


インストール先には、USB接続の外付けドライブを選択。
WinXPでは、USB接続のドライブは「クイック削除のために最適化」という設定になっている。
これは、デバイスマネージャで確認できるハードウェアのプロパティで見ることができる(ドライブのプロパティではなくて、デバイスのプロパティの方)。

デバイスのプロパティ

「クイック削除のために最適化」だとキャッシュが使われないので、データの書き込みが終わるまでプログラムは処理待ちになる。
処理待ちが大量に入るせいで、インストールに異様な時間がかかるようになっていた様子。

この設定を「パフォーマンスのために最適化する」に変更。これで、内蔵HDDと同じようにキャッシュが有効になる。設定を変えると再起動。
再起動後にインストールをすると、10分ほどであっさり終了。起動も成功。


Alpha-ROM DVD 3.1dの仕様なのか、「さくらシュトラッセ」も「FORTUNE ARTERIAL」と同じように、起動時にインストール環境をチェックする様子。
起動時にインストール環境情報を保存したファイルを確認して、実行環境とインストール環境の情報が一致していたら、ディスクレスで起動。一致しない場合はDVDメディアチェック。起動に成功したら、インストール環境情報ファイルを実行環境のものに更新。
なので、実行環境が変わるたびにインストールDVDが必要。ちょっとめんどい気はする。
posted by neneco at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー:エロゲ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13521238
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック