Twitter つぶやき

2010年10月10日

TEATIME「らぶデス555」体験版をやってみた

TEATIMEのらぶデスシリーズ最新作「らぶデス555」の体験版がでたので、早速ダウンロードして実行してみた。
PCが新しくなって、CPUもGPUも前のPCから大幅にパワーアップしたから、かなりぬるぬる動くはず。

と、思っていたら――

強制終了しましたヽ(´ー`)ノ

しかも、ブルースクリーンですorz

ブルースクリーンを見る事なんて、仕事で使ってる開発PCやユーザーサポートのとき以外ではほとんどない。
自分のPCで見るなんて何年ぶりだろう……。

動作環境は↓の通り。

OS:Windows 7 Professional 64bit版
CPU:i7-870 2.93GHz
MEM:8GB
GPU:ATi Radeon HD 5770 (Driver: Catalyst 10.7)

DirectXのランタイムは、一見すると9.0cで同じようでも、実は頻繁にバージョンアップしてる。
いまのPCに入れているのは、2010/06/08公開版の9.29.1962をWebインストールしたもの。

ブルースクリーンのメッセージを読む限りでは、ディスプレイドライバと競合した様子。


起動して移動操作やメッセージ送りなどはできる。
たぶん、移動モードは問題なさそう。

キャラを選んで右クリックメニューを表示させてコマンドを選択するとゲーム画面が停止。
音声は再生される状態。
「らぶデス555」は、システム操作系のキーボードショートカットを除くと、マウス操作もキー操作もほぼ全て横取りするので、この時点でWindowsの操作がほぼできなくなる。
同時に、ディスプレイドライバが強制終了したというメッセージが出る。

Ctrl+Alt+Deleteは効くけど、そこからキャンセルしてデスクトップに戻ると、画面全体が正常に表示されない。
白黒点滅を繰り返して、ほとんどなにも映らなくなる。
タスクマネージャを表示させようとする事はできるけど、完全には表示されないし、「らぶデス555」が入力を横取りしているので操作することはできない。

ここでCtrl+Alt+Deleteからログオフを選択すると、ブルースクリーン

この強制終了の影響で、開いていたファイルが全破損という、甚大な被害が発生。
再起動して確認したところ、破損した内容は――

◆2chブラウザ Janeの全設定(板情報なども含む)
◆ブラウザ Sleipnirのブックマーク
◆メール
◆Skypeの設定ファイル

Sleipnirのブックマークは自動バックアップから復元。最近追加したものが消えたくらいの被害。
メールは受信内容が全部消えた。幸いにも、メールサーバーに残していたメールが多かったので、なんとか復元。

意外と大変だったのが、Janeの設定。設定が消えて、Janeそのものの挙動が怪しくなってしまった。
ひとまず、ノートPCから設定をコピー。
2ch本体の内容はそれで復旧したけど、外部版のデータがログごと全部消えてしまっていた。これは、自動手定期的に取っているバックアップから復元。

これで目に見える範囲では復旧できたけど、他にどの程度の影響が出ているかわからないのが怖い。


というわけで、「らぶデス555」の体験版を起動するときは、

重要なデータはバックアップを取った上で、

ほかのソフトは全て終了させて

実行は「らぶデス555」だけにして、

たとえファイルが壊れても泣かない勇気と

自己責任で


プレイすることをお薦めします。

正直なところ、リスクの高さを考えるとバグや不具合の確認が大好きな人柱体質のひと以外は起動しない方がいい気がする……。

バックアップの大切さがよくわかる一件でした。


ちなみに、ゲームそのものは、やっぱり操作が難しすぎるというのが第一印象。
ふわふわの3Dグラフィックはいいんだけどねぇ。
「らぶデス555」本体の挙動と相性問題が怪しいので、キャラのMMDモデル移植が早く出ることを希望w

体験版の本編で強制終了が発生したので、ほかの機能はいっさい確認していない。
posted by neneco at 10:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | デモ・体験版