Twitter つぶやき

2010年08月30日

Purplesoftware delight「OrangeMemories」体験版をやってみた

Purplesoftwareの姉妹ブランドとして新規に立ち上げられたPurplesoftware delightの処女作「OrangeMemories」。
delightは、Purpleとは違った雰囲気で萌えエロ路線を重視したブランドにする――ということらしい。

体験版の範囲は、主人公が昔住んでいた町に教育実習生として帰ってきてから4日分ほど。
プレイ時間は3〜4時間程度だと思う。
主人公とヒロインキャラの関係が分かる程度の内容。
後の展開に繋がりそうな伏線を残したのは、八守ひのとと明石心くらいだと思う。
公式HPにあるSTORYは、本編に入る前の背景設定的なものになっていて、ゲーム本編には含まれない。

主人公が大学4回生とやや高めの年齢設定に加えて、ヒロインキャラの設定年齢幅がすごく広い。
体験版の内容から推測すると、
・深春:+3
・真澄:+1
・(主人公)
・心:−4
・ひのと:−5
・萌衣:−6
ヒロイン間でこれだけ差があるのはあんまり見たことがない。
そういえば「登場人物は全員18歳以上」という表記はどこにもなかったな。
まぁ、日本では女性は16歳以上なら結婚できるから問題ないね!

5人いるヒロインキャラは全員幼馴染み。
そのうち4人が好感度MAX
真澄はすでに好意が好意以上に振り切ってるし、ひのとも積極的に消極的なアプローチをしてくる。
体験版中ではあまり明確なアプローチはないけど、心と深春もはっきりとした好意を見せている。
最初は敵意全開な萌衣は、ツンデレなのでOKw

これだけなら作品の雰囲気は開幕からデレまくりのハーレム純愛系と思えるけど、どうもそうではない気がする。

本編では、幼馴染みのヒロイン5人が主人公を巡って争奪戦を繰り広げるような展開になるハズ。
このテの作品では主人公が恋愛に奥手だったり鈍感だったりすることが多いけど、そんな様子は全くない。
むしろ、多少なりとも幼馴染み達が自分に好意を向けていることが分かっていて、争奪戦の中心に自分がいることを自覚している風でもある。
おまけに、身長高くてイケメン非童貞でありながら、学園の女生徒には草食系と思われて警戒心を持たれないという、「※ただしイケメンに限る」を地でいくような雰囲気がある。なんというキモオタとは正反対のキャラ

そして、えっちシーンはおまけとしてではなく、ストーリー展開の一部に入っている。
真澄と再会してから3日で、学園の宿直室で初えっち。昔から好意を寄せていたとしても早い。「※ただし(ry」効果かもしれないけど。
その翌日には、ひのと・真澄・心の三人がひのとの主人公アプローチ作戦、聞きようによっては夜這い作戦を話している。
真澄の初えっちの時には深春のフォローがあり、初えっちを済ませた真澄がひのとのサポートをするという展開。

これはもしかして、個別ルートに入る前にそこそこえっち回数があるという、マジハーレムタイプ?
具体的には「幼なじみと甘〜くエッチに過ごす方法」(アトリエかぐや)の後釜狙い!?

まぁ、それならそれでアリですが。

そいや「幼甘」も放置してるな……。

ゲームの印象は悪くない。
ただ、好感度管理は複雑そう。体験版範囲でも、好感度によって展開が変わるほど。攻略はちょっと大変かもしれない。

ヒロインキャラ以外の登場人物に立ち絵がないのは残念。
Purpleと比べて画面エフェクトも少ないので、どこに力を入れたのかが気になるところ。


◆ヒロインキャラについて

声優がやたらと豪華なわけですが!
夏野こおり、五行なずな、榊原ゆい、風音、みる。
あまり声優に詳しくはないし、声優買いなんてことはやらない私ですが、これだけそろってしまうと回避するのは難しい(´Д`;)ヾ

キャラ個別では――

CV.夏野こおりの真澄は、いたずら好きで猫っぽいキャラ設定ということもあって、efの宮村みやこにしか聞こえないw しゃべり方もなんか似てるしw
公式HPのサンプルボイス聞いたときから思っていたけど、体験版やってみてますます、みやこっぽいと感じた。
好きなキャラだし好きな声なのでOK むしろ大歓迎!

ロリキャラっぽい心は、タイトル画面で一番大きい位置だったり、体験版中でも伏線ばらまきまくりだったりと、メインじゃないけど重要なキャラになりそう。
そんなことより、ロリ声の榊原ゆいボイスが可愛い。

こちらのCV.みるの萌衣は元気系で叫びまくり。
いろんなみる嬢が楽しめるのはいいことです。

極端な巨乳もいないし、ヒロインキャラにはハズレなし。


◆システム周り

Windows7 64bit版で動作を確認。
起動時に、「不明な発行元」のセキュリティ警告が表示されるけど、動作には問題ない。
レジストリは未使用。
セーブファイルは、インストールしたフォルダ内のsavedataフォルダ。

体験版をプレイ中に、背景画像が切り替わるタイミングで強制終了したことが1回あった。

セーブデータには直前のメッセージログも含まれる。
名前を付けてセーブデータを保存できるので、セーブ数に困ることはなさそう。

メッセージログは、ボイス再生をすると背景がその時のイメージになる。地味ながら、そのシーンを思い出すのにすごく便利。残念ながら、メッセージログ画面を消して画像だけにすることはできなかった。

ある程度の操作はキーボードでできる。
「F1」ヘルプ
「F2」Save
「F3」Load
「F4」全画面/ウィンドウ表示切り替え
「F5」スクリーンキャプチャ
「F6」オートプレイ
「F7」既読スキップ
「F8」強制スキップ
「F9」設定
「Enter」「X」メッセージ送り
「Space」ウィンドウ消去
「ESC」「Z」「End」「Insert」「Delete」テキスト消去・操作キャンセル
「Ctrl」「Shift」強制スキップ
「PageUp」メッセージログ
「PageUp」「PageDown」メッセージログ送り

「Shift」や「X」「Z」などに機能が割り当たっているのは変わってるかもしれない。
そして、なぜかクイックセーブ・クイックロードがキーボードで操作できない。
また、設定画面はキーボードで呼び出せるけど、設定項目はキーボードで操作できないという、中途半端なところがある。

ジョイスティックに対応しているけど、こっちも中途半端な印象を受ける。
ボタン1・3:テキスト消去・操作キャンセル
ボタン2・4:メッセージ送り
↑キー:ログ表示。

ボタン1がキャンセルなのは違和感がある。
ログの表示はできるけど、ページ送りはできない。直前の表示のみ。


画面サイズは1280x720とかなり大きい。
1920x1200のサイズのモニタでも、FF11と同時プレイしようとすると、どうしてもウィンドウが重なってしまうヽ(´ー`)ノ

OrangeMemories画面表示

16:9ワイドなので、PCに多い16:10ワイドで全画面表示すると黒枠が出てしまう。
全画面表示時の画面モードは、「標準」の方が大きなサイズで表示されるけど、使っている解像度を個別に選んだ方がきれいな表示になる印象。


◆まとめっぽいこと

1回だけとはいえ、強制終了があったのは気になる。
しかし、キャラ設定はいいし声優も豪華。
幼甘的な展開になりそうなのも興味がある。

金がないのだけが問題。

公式HPの情報が遅いのは、ちょっと不安な部分。
posted by neneco at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・体験版

2010年08月29日

HOOKSOFT「さくらビットマップ」体験版をやってみた

ラブデレブランド、HOOKSOFTの9月新作「さくらビットマップ」。
……そいや、「らぶでれ〜しょん!」買ってないな。クレカの未払い残高がまずい時期だったからな……。

体験版は短めで、2〜3時間で終わるくらいだと思う。
あまりストーリーには深入りせず、キャライメージやそれぞれの関係がつかめる程度。
えっちシーンはヒロイン5人分のダイジェスト。
キャラ設定はわかりやすいかわりに、舞台設定やストーリーといった部分はあまり情報がない。まぁ、その辺は公式HPで確認すればいいことだけど。

ヒロインキャラの好感度は開幕からかなり高い。
小春、璃子、ゆのかの幼馴染み3人は好感度MAX。むしろ、日常的にフラグを消化している状態。
千鳥先輩も初対面から好感度高め。
反応に乏しい(セリフもほとんど無い)鼎だけが、唯一好意を見せていない。それでも、印象は悪くなさそう。
開幕からデレてて、あとはどこまでデレが進むかという感じ。最初からハーレム状態。
個人的には、純愛エロゲのテンプレ(日常→告白→トラブル→解決→ハッピーエンド)に合わせたりしないで、ただひたすらにデレデレ展開が続くのでもいいんじゃないかなー、という気がする。


◆キャラ設定とかその辺

口癖があるキャラは、ちょっと口癖を強調しすぎているように感じた。
小春の「〜なんだよ」とか、璃子の「まったくまったくもう」とか、みどりの「〜さ」とか。
無理して使っているように感じるセリフもあった。

キャラ個別では、小春……頭がちょっとゆるすぎないか……?
もともとHOOKのゆるキャラは、他のメーカーよりゆるい印象があるけど、さらに輪をかけてゆるい気がする。
不快にならないぎりぎりでとどまっているので、個人的にはアリ。
主人公に対して無防備な割には、主人公が他のキャラともめてる(じゃれてる)時に、主人公に対するフォローがあんまりないのはどうかと思った。

一番ツボに入ったキャラはゆのか。

ツンデレ風な態度を取っているけど、スタート時点ですでに攻略後のようなデレ具合。

普段強気でいるけど、ときどき急に子供っぽくなって、激デレ行動を取ったりする。
そのギャップの破壊力がデカイ。
開幕でこれだけデレていたら、攻略後はいったいどうなるんだろう……。

CV.みるで無口キャラの鼎は、体験版中でセリフのほとんどが「……」。
おかげで、セリフが多いえっちシーンは、ものすごく違和感があったw


◆システム面について

Windows7 64bit版でも正常動作を確認。
起動時に、「不明な発行元」のセキュリティ警告が表示されるけど、動作には問題ない。
レジストリは未使用。
セーブファイルは、インストールしたフォルダ内のSaveフォルダ。Program Files (x86)内にインストールした場合はわからないけど。
セーブファイルは、直前のログも残るタイプ。それまでの会話の流れがわかって便利。

システムのキー操作に、ちょっとわかりにくいところがある。

はじめ分からなかったのが、オートモードとスキップモードの解除。

オートモードやスキップモードの開始操作は、開始のみ解除にならない。
「A」キーでオートモードを開始したあと、再度「A」を押しても解除されずに、オートモード続行。
解除は、右クリックか「Space」キー。別キー操作になるので、すぐに解除することができない。
スキップモードも同じように、スキップ開始操作で解除できないので、スキップが行きすぎてしまいやすい。
同じキー操作で開始・解除になる方がわかりやすいと思う。
いまオートモード中なのかどうかがわかりにくいのも、不便なところ。

「ESC」キーも混乱しやすい。
多くのシステムで「ESC」は「キャンセル」と同じ機能に割り当てられているけど、「さくらビットマップ」では「ゲームの終了」。
セーブ画面などを閉じようとして、ゲーム終了確認画面を出してしまうことがたびたびあった。

このあたりのキャンセル操作は、すべて「Space」に割り当てられている様子。
付属テキストでは、「Space」は「ウィンドウ消去」。
メッセージウィンドウだけでなく、設定画面やセーブ画面もウィンドウだと考えれば理解できるけど、やっぱり使い慣れない。

あと、細かいことだけど、タイトル画面の「つづきから」でクイックセーブしたデータが呼び出せると良かったと思う。


◆まとめっぽいこと

システムにちょっと気になるところはあるけど、体験版と公式HPをみた感じではキャラにハズレなし。
楽しそうな雰囲気がすごくいい。
それに、予約特典の「親友キャラ性転換パッチ」がおもしろそう。

というか、ゆのか破壊力大きすぎw
体験版をはじめて早々に陥落されてしまいましたヽ(´ー`)ノ

購入は決定。
ショップはどこにするかなー。
posted by neneco at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・体験版

2010年08月17日

これは寒すぎるよチルノちゃん… - Web合同誌「月刊ナントカ(仮)」8月号

月刊ナントカ(仮)」8月号に投稿した、チルノちゃんと大ちゃんのイラスト。

これは寒すぎるよチルノちゃん…
【大きなサイズはpixivで】

暑い日が続くので、チルノちゃんが涼しくなる方法を考えてくれました。
でも、大ちゃんにはちょっと寒すぎたようです。

----

氷で作った板の上で昼寝をするチルノちゃんと、せっかく涼しくなる方法を考えてくれたので付き合うものの寒すぎて困り顔の大ちゃん。
特集のお題だった「夏」に合わせて、ちょっと涼しい感じの絵にしてみました。

福岡では連日35度以上の日が続いて暑かったので、チルノちゃんの服を普段よりさらに薄着にデザイン。
袖無しワンピースで、ミニスカ並みに短いすそ。
スカートについてる白三角模様を逆向きにしたのは、切れ込む感じがなんかえっちそうだったからw
ちなみに、着ているのはこれ1枚のみで、下には何も着けてないという設定('▽')

腋をもう少しえちぃ感じしたかったけど、難しい……。
一方、ふとももは露出度高くして、えちぃ感じにがんばってみました。
力入れすぎて、上半身に対して脚がちょっと長くなってしまいましたが……(´Д`;)ヾ
もう少し、おしりからふとももにかけてのラインをえっちくできるといいかもしれない。

大ちゃんには困った笑顔がよく似合う。
でも、縮小表示ではわかりにくくなってしまったかも。
描いたことがない角度の顔だったので、すごく難しかった。

おっぱいの大きさは――
チルノちゃんは、「ないんだけどある」。
大ちゃんは、「あるんだけどない」。


今回は、レイヤー数もファイルサイズもこれまでより大幅に増加。
PCのメモリ不足で、データの出力ができなかったり、出力した画像が破損していたりする事態が発生。
さらに処理性能不足で、保存時と出力時は冷却ファンが高速回転したままWindowsが固まるありさま。
試行錯誤してなんとかJPEGにできたものの、毎回これではさすがに困る。
ということで、予定ではあと1年くらい引っ張るつもりだったPCを、新しいものに買い換えました
これでだいぶ楽になると思う。

posted by neneco at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年08月13日

Whirlpool「涼風のメルト」体験版2をやってみた

ほとんど絵師買いで、しかも積んでるモノが多いWhirlpoolの新作。
あまり作風が変わらないブランドなので、作品紹介ページを見ただけでわかる「いつものWhirlpool」。

体験版の範囲は、作品紹介ページの「ストーリー」にあるところまで。

変にひねった展開はなく、テンプレート的なお約束イベントが多い。
早いうちから、ハッピーエンドフラグを立てていく主人公とヒロイン。
安心のWhirlpoolといった感じ。

ヒロインキャラは、個人的には外れはない印象。
特に期待するのは、幼なじみと、金髪ツインの後輩と、土地神様。
幼なじみの捺菜は、好みのタイプの幼なじみ。頼ってるけど、くっつき過ぎない距離感がいい。
素直なタイプの金髪ツイン後輩はCV.みる。
土地神様は、制服着ている絵とかあったのが気になる。


システム面では、
キーボード操作できる機能が少ない。
できるのは、メッセージ送りとバックログくらい。選択肢の決定もできない。
これはちょっと使いづらい。
ただ、オートセーブが1日の始まりと選択肢のたびに入って、オートセーブ欄が50個もあるので、進行中に頻繁にセーブやQ.セーブする必要はなさそう。

TIPS画面も、少し使いにくさを感じた。
追加されるたびに見ていると、進行が中断されてしまう。
ある程度たまってしまうと、いつ何が追加されたのかわからなくなってしまう。
せめて、登場順に並んでいるとわかりやすいのに。


システムに若干の不便はあるけど、シナリオ面では不安を感じない。
CV.みる嬢のヒロインキャラもいるし、購入決定。
posted by neneco at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・体験版

2010年08月12日

etude「秋空に舞うコンフェティ」体験版をやってみた

好きな絵師で、前作「そして明日の世界より―」が大当たりだったetude
でも、「秋空に舞うコンフェティ」はライターが違うし、絵の雰囲気も少し変わってしまった。

体験版の内容は、OHPの作品個別ページにある「ストーリー」の範囲まで。
やってみた率直な感想は――「何がやりたいのかわからない」

最初はシリアスあるいは伝奇モノっぽい出だし。
でも、日常シーンはギャグ要素多めの、ラノベっぽいコメディ。
萌え要素を重視してキャライメージに走ったようではないけど、ストーリー重視に向かったようでもない。

何より、体験版の範囲では、2つのストーリーがほとんど結びつかないまま終わってしまう。

片方は、奏衣を中心にした、やや伝奇っぽい雰囲気の展開。
もう一方は、学園の演劇部を中心とした、学園モノの展開。

直接の接点は、主人公を除けば、奏衣と七海が主人公が住むアパート前で会うくらい。
推測も含めるなら、
沙夜がかつて会っていた少女はおそらく奏衣で、
奏衣は沙夜の実家である神社にあったほこらと関係がある……くらいがわかる程度。

たぶん、最終的には泣きゲー的なシリアス展開に進むような気がする。
しかしそれにしては、キャラ設定にギャグ要素が多い。というか、多すぎる。

体験版をやってシステム面はわかったけど、ゲームの目指す方向がわからない。
導入部のツカミに、完全に失敗してしまっている。

ほかに気になったところとしては、

・あほの娘+謎語尾の奏衣は、体験版ではキャラ紹介ページほどうざくはなかったけど、疲れる。
・黒雪いらない。
・萌先生はギャグキャラだろう。
・こずえは、キャラ紹介のボイスで好感度下がった。
・奏衣の初えっちの場所は、なんだかめちゃくちゃ開放的過ぎないか?
・二之宮攻略させろ。


システム面では、いまひとつキーボードでは使いにくかった。

1キー操作で呼び出せない機能が多い。確認した範囲では、「Tab」で表示されるバックログくらい。
そして、カーソルキーで機能選択したあと、メッセージ送りに戻すことができない。
「そして明日の世界より―」では、メッセージ送りボタンにカーソルを移動させることができたので、なんとかキーボードだけでも操作できていた。
今回はメッセージ送りボタンが選択できなくなっている。
進行中は気にならないかもしれないけど、ちょっと不便。


8月は出費を抑えたいところなので、ちょっと手を出しづらい。
posted by neneco at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・体験版

2010年08月05日

6ボスポーズのチルノさん - Web合同誌「月刊ナントカ(仮)」7月号

7月の前半は残業連打休日出勤で忙しく、
中盤は、FF11で黒魔・白魔・からくり士のレベルを80まで上げていて、
終盤は月刊ナントカ8月号用の絵を描いていたので、すっかりブログの更新が止まってました。
久々の更新。

pixivとかにはすでに載せているけど、こっちには載せていなかった、「月刊ナントカ(仮)」7月号に投稿したイラスト。

6ボスポーズのチルノさん
【大きなサイズはpixivで】

「さんを付けろよ白黒やろーっ!」って、チルノちゃんが言ってた。

----

元は、ネ実東方スレ 197の安価絵として描き始めたもの。
さくっと描くつもりだったけど、描きだしたらちょっと凝ったものになってしまった。

ふと「さんを付けろよ白黒やろーっ!」という台詞が浮かんでしまったので、かっこいいチルノちゃんを描くことにした。
それなら「6ボスかEX化」→「6ボスっぽいとすぐに分かるポーズ」=「神奈子様ポーズ」ということで、こんな感じに。
セリフの元ネタは「AKIRA」。
ちなみに、2chのネ実東方スレでは、チルノを呼び捨てにすると「ちゃんをつけろよ、デコ助野郎!」と突っ込まれる風習がありますw


チルノちゃんなら、御柱は氷柱かな――と、思って描き始めたのはいいけど、思っていたより大変でした……。
Photoshopのようなソフトなら、大枠描いて、内部を区切って塗るだけでいいはずだけど、
Illustratorで描いたので、グラデーションをかけた四角形や三角形を、隙間なくちまちまと並べる作業。ちょっと変更したら、他の部分まで影響が出たり。

そして、氷柱と台座でイラストないのオブジェクトが急増した影響で、処理がだいぶ重くなってしまいました(´Д`;)ヾ


掲げた右手に集まる光は、適当にエフェクトをいじっていたらそれっぽい感じになったので、そのまま採用。
氷塊をもっと巨大で迫力あるものにしたかったけど、氷柱御柱で力尽きました……。


この回のイラストは、チルノちゃんのおっぱいサイズが「無いんだけどある」という丁度良い大きさにできたのが、良かったところ。
posted by neneco at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) |